【ビジネス書】読書の価値を引き出す5つのコツ【読書法】

読書術
この記事は約11分で読めます。

みなさんは、

  • 新しい知識を手に入れたい
  • 仕事で役に立つノウハウを知りたい

という思いで、ビジネス書を読んでますよね?
でもビジネス書って、読めば読むほど、

  • いまいちレベルアップしてる感覚がない
  • 読んだ内容を活かしきれない

という感覚になりませんか?

それは、あなたがビジネス書の価値を引き出せていないことに原因があったのです。

そこで今回は、ビジネス書の価値を最大限に引き出すために必要な、

  • 本を読む目的を明確にしておく
  • 全体を俯瞰して土台をつくる
  • 1ページ目から読まない
  • 本は汚してなんぼ
  • 制限時間内に読み切る

という5つのコツを紹介していきます!

これらのコツは、本田直之さんの著書
『レバレッジ・リーディング 100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ』
の中で、「投資としての多読術=レバレッジ・リーディング」の方法として紹介されています。

5つのコツを押さえた上でビジネス書を読むと、本から得た知識やノウハウを最大限に活かしてレベルアップすることができるはずです!

ビジネス書の価値を引き出す読書法

さっそく、ビジネス書の価値を最大限に引き出すためのコツを紹介します。
コツは全部で5つです。
1つずつ見ていきましょう!

本を読む目的を明確にしておく

最初のポイントは、本を読む前に「その本を読む目的を明確にする」です。

普通の読書、特に娯楽や退屈しのぎのための読書であれば、とくに目的なんか気にしていないと思います。
しかし、ビジネス書に関しては違います。
その本の価値を最大限に引き出すためには、その本を読む目的を明確にして、明確にした目的を意識しながら読まなくてはいけません。

読み始める前に目的を明確にすることで、その本の重要なところとそうでないところの見極めができるようになります。
ところが、この見極めをしないでダラダラと本を読んでいると、本当に自分にとって必要な部分の印象がぼやけてしまいます

本を読み始める前に、

  • この本からは〇〇について学びたい!と意識すること
  • 読むところと読まないところの見当をつけること

を徹底しましょう!

全体を俯瞰して土台をつくる

2つ目のポイントは、本の本文を読み始める前に「本の全体を俯瞰して土台をつくる」です。

本の目次、読み飛ばしていませんか?
確かに目次って、見出しや単語やページ数だけが羅列されているだけで、面白くないですよね。
気持ちはわかりますが、そう思って目次を飛ばすのは非常にもったいない
目次って、さっき決めた「本を読む目的」を改めて確認するのに使えるんです!

少し考えてみれば当然なんですが、目次って「どこに何が書いてあるか」が書いてありますよね。
その本の地図みたいなものです。
ということは、目次を読めば、自分の目的に合致している内容がその本のどのあたりに書いてあるのかがわかるということです。

他にも、「まえがき」「あとがき」なんかも、その本の「ざっくりとした内容」がまとめられていますよね。
そう、目次と同じように「目的」の確認に使えるんです。

最初に決めた目的の効果を最大化するためにも、目次まえがきあとがき俯瞰して、その本を読むための土台をつくりましょう

1ページ目から読まない

3つ目のポイントは、「1ページ目から読まない」です。

特に日本人は几帳面な人が多いのか、本は最初から読まないとダメだ!という思い込みに囚われている人が多いかと思います。
もちろん、小説のようにストーリー性のある本であれば最初から読まないと話が全くわからなくなってしまいます

しかし今は、ビジネス書の価値を最大限に引き出すことが目的です。
そのためには、1ページ目から読む必要はありません

そもそもビジネス書は、仕事の実用書みたいなものです。
実用書ということは、料理のレシピ本やペットの飼い方などのガイドブックと同じということです。
ガイドブックを最初の1ページ目から目を皿のようにして読む人は少ないですよね。
ということは、自分が読みたいところ自分にとって価値のありそうなところから読めば良いのです。

自分が読みたいところは、すでに「目的」「土台」のおかげではっきりしています。

ビジネス書の読書とは、ひたすら以下の作業を繰り返すということです

  1. 面白そうだと思ったところを読んでみる。
  2. 2〜3行読んでみてもピンとこないなら、次の面白そうなところを読んでみる。
  3. ひっかかる部分、興味がある部分はスピードを落としてじっくり読んでみる。

全部の文字をものすごいスピードで読む必要はありません
重要なポイントだけ拾うぞ!という意識を持って読み進めましょう!

本は汚してなんぼ

4つ目のポイントは、「本は汚してなんぼ」です。

なんとなく、本って汚したらダメなものだと思っていませんか?
いつか売るかもしれないからキレイにしといたほうが良いかな…とか思いますよね。

ですが、この「本は汚したらダメ」という考えは今日で捨ててください

みなさんの目的は「本をキレイな状態で本棚に飾っておくこと」じゃないですよね?
「本から最大限の価値を引き出すこと」が最大の目的です。
それならば、本は汚してなんぼです。

具体的にどう汚すのかと言うと、余白にメモを書き込みます。

本を読んでいてひらめいたアイデアは、たいていすぐ忘れてしまいます
後で思い出すことも難しい…。
そのアイデアが、仕事に役に立つアイデアだったらもったいないですよね…。

なので、本を読んでいて思いつたことは何でも良いから余白にメモしましょう!
人に見せるわけじゃないので、なぐり書きでOKです。
同じ考え方で、読んでて重要だと思った部分には線を引いたり印をつけたりページの角を折ったりしましょう!

本をキレイな状態で本棚に飾っておくことに意味はありません。
線を引いたり印をつけたり折り目をつけたりメモしたり、自分にとって最適化された本をつくりあげることが大切なのです!

*図書館で借りた本は汚したらダメなので、価値を引き出すために読みたい!と思った本は必ず買ってください。

制限時間内に読み切る

最後のポイントは、「制限時間内に読み切る」です。

普段から本を読む時に、「この本は◯時間で読み終わろう!」なんて決めている人は少ないですよね。
自然に1冊を読み終わるまで成り行きに任せるのではないでしょうか。
実はこの「成り行きに任せる」というのも、落とし穴なんです。

本を読む時に、

  • 時間が無限にある
  • どれだけ時間をかけても良いや

と思っていると、ついつい自分にとって本当に必要のあるところ以外も読んでしまいますよね。

最初に、「その本を読む目的」を決めたことを忘れてはいけません。
あなたが「目的」を達成するためには、不要なところを読む必要はないのです。

そのために、制限時間を設けてその時間内に読み切るように努力しましょう。

人間は少しくらい追い込まれたほうが実力以上の能力を発揮できるものです。
時間的な負荷をかけたほうが、ポイントとなる内容を集中して読むことができて、かなりの内容を理解することができます。

制限時間の目安としては、

  • すでにある知識を強化するための本
  • 成功体験・経験談
  • 自己啓発、モチベーション向上のための本

あたりは1冊1時間くらいです。
また別の目安としては、

  • 全く新しい分野の本
  • ぶ厚い本
  • 英語の本

なんかは1冊2時間くらいと少し多めに設定します。

慣れないうちは時間が気になってしまい、集中できなかったりします。
慣れるまでは、タイマーをセットして時計を見ないように工夫してみましょう!

価値ある読書は最高の「投資」だった

以上の5つが、ビジネス書の価値を最大限に引き出すためのコツでした。

ここで一度、そもそも「読書って何のためにするんだ?」という原点に立ち返ってみましょう。

みなさんは、「読書」とは単に「本を読む行為」だと思っていませんか。
もちろん、趣味や娯楽のために本を読むことも充実した人生を送る上で大切なのことなので、この考え方も間違ってはいません。

しかし、それだけでは不十分なのです。
なぜなら「読書」には、「経済的な行為」という側面もあるからです。
つまり「読書」とは、ある種の「投資活動」だということです。

例えば、あなたが1500円のビジネス書を読んだとしましょう。
この1500円のビジネス書から得た知識を仕事に使って、15000円の利益を生み出すことができるとしたらどうでしょうか?
1500円の投資で10倍の利益(リターン)を生み出したのと同じことになりますよね?
これが、読書が「経済的な行為」であって、最高の「投資」だと言える理由です。

もちろん、ただただ本を読むだけでは、投資としての効果を発揮することは難しいものです。
とはいえ、多くの本を読み続けることで、累積効果が発揮されて最終的なリターンが増えていくことも事実です。

価値のある読書を続けるだけで将来的なリターンが期待できるなんて、まさに読書は「最強の投資」と言えるのではないでしょうか。

レバレッジ・リーディングで投資効果を最大化しよう!

こうした「投資としての読書」の効果を最大限に引き出すためには、「レバレッジ・リーディング」の考え方を知る必要があります。

「レバレッジ」とは、「てこ」の働きのことを言います。
「てこの原理」「てこ」です。
「てこ」と言えば、小さな力で重いものを持ち上げることができますよね。
つまり、少ない労力で大きな結果を出すことができるということ。

この考え方を、読書にも応用するのです。

では、その少ない労力とは、具体的には何でしょうか?
どうやって「てこ」の考え方を読書に応用するのでしょうか?

それは、「読書を通じて書籍から先人の知恵やノウハウを学ぶ」ということなのです。
本来なら、世の中の様々な知恵やノウハウといったものは、自分自身で経験してみないと分かりようもないし身につけることもできません
成功するために必要な知恵やノウハウは、自分ひとりで試行錯誤することでしか手に入らないはずなのです。

しかし、本の中にはそうした世の中の知恵やノウハウがたくさん書かれています
先人たちが試行錯誤することで手に入れた成功のための知恵やノウハウが詰まっているのです。
この知恵やノウハウの中から、自分でも使えそうな部分を抽出して工夫することによって、自分で試行錯誤する時間も節約できるし、成功する確率も上げることができるのです。

つまり、本を読むことで繰り返される

  • 先人の知恵やノウハウといった「自分の中の資産」が増える
  • この増えた「自分の中の資産」を使って、利益を生み出す
  • 生み出した利益を使ってより多くの本を読む
  • 多くの本を読むことで、さらにより多くの「自分の中の資産」が増える

という流れが、レバレッジ・リーディングによって投資効果を最大化するための読書方法だということです。

ただし1つだけ注意点があります。
より多くの本を読むためには、「速読」ではなく「多読」をしなくてはいけないのです。

「速読」では意味がない?

ここまでの説明を聞いた人はきっと、「じゃあ本を読むスピードを上げれば良いのか!」
という答えにたどり着くと思います。
そして、「速読」というテクニックを身に着けようとするのではないでしょうか。

確かに、その考えにも一理あります。
1冊の本を読むために必要な時間を短くすることができれば、理論上は大量の本を読むことができるでしょう。

ただ、ちょっと待ってください。
みなさんが本をたくさん読む本当の目的は何ですか?
「たくさんの本を読むこと」ですか?
「読んだ本の数を他人と競うこと」ですか?
違いますよね?

「本の内容を活かすこと」が目的で、その目的のために本をたくさん読むんですよね。

世の中で人気を集めている「速読」というテクニックは、ただひたすら「本を読むスピードを上げること」「読んだ本の数を競うこと」を目的としています。
もちろんこれはこれですごいテクニックかもしれませんが、「本の内容を活かす」という最終的な目的を達成するためには、ただただ本を速く読めるようになっても意味がありません

「本の内容を活かす」ために本当に必要なのは、「速読」ではなく「多読」です。
「多読」とは簡単に言うと、本に書かれている情報を取捨選択しながら大量の本を読んでいくということです。
この「多読」こそが、レバレッジ・リーディングには必要不可欠なのです。

「多読」のためのテクニックは、最初に紹介した5つのコツを押さえた読書をしていれば自然と身につくはずです。
大切なのは、「速読」ではなく「多読」を意識して本を読むということです。

おわりに

今回は、ビジネス書の読書から最大限の価値を引き出す方法について、

  • 本を読む目的を明確にしておく
  • 全体を俯瞰して土台をつくる
  • 1ページ目から読まない
  • 本は汚してなんぼ
  • 制限時間内に読み切る

という5つのコツを紹介しました。

これらのコツに共通して言えることは、今までの読書の常識を捨てる必要があるということです
普通の人と同じ読書をしていては、普通の人と同じ結果しか生み出すことはできません。
「読書は最高の投資」という考えを持たなければ、その投資効果を最大限に引き出すことはできないのです。

将来の自分がより多くのリターンを受け取るためには、今回紹介したコツを押さえた読書を続けて、今の自分に「投資する」ことが重要です。
ぜひこれらの方法を実践して、自分の中の「読書という資産」を増やして行きましょう。

ちなみに、「趣味や娯楽として本を最初から最後まで読む」ということを否定しているわけではありません。
その本を読む目的に応じて「投資としての読書」「趣味としての読書」を使い分けてください。

また、今回の参考書籍
『100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ レバレッジ・リーディング』
では、この他にもビジネス書に関して

  • 本を読んだ後のフォロー方法
  • 本棚の使い方
  • おすすめのビジネス書

も紹介されています。

ビジネス書の読書についてさらに極めたい人は読んでみて損はしないと思います!

*投資としての読書に必要なビジネス書の探し方は、こちらの記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました