「仕事」を「遊び」に変える方法【フィードバックを得る】

健康
この記事は約8分で読めます。

みなさんは、毎日おなじような生活を繰り返していると、

  • やるべきことに振り回されているな…
  • たくさん仕事をしているのに達成感を感じないな…

といった感覚に陥ることはないでしょうか。
自分の取り組みが何かの結果を出しているのか…
今やっていることに意味があるのか…
色々なことに挑戦している人ほど、思うように結果の出ない毎日に悩んでいるはずです。

ですが、実はこういった悩みは、あなたが取り組んでいる「仕事」を「遊び」に変えて、その「遊び」からフィードバックが得られるようにすることで解消することができるのです。

今回の記事では、「仕事」からフィードバックを得て達成感を感じるために役に立つ

  • アカウンタビリティチャート
  • メタ認知の質問

という2つの方法を紹介します。

これらの方法は、鈴木祐さんの著書
『最高の体調 ACTIVE HEALTH』
の中で、現代人が抱えている「ぼんやりとした不安」を解消するための方法として紹介されていたものです。

今回の記事で紹介する方法を実践し、毎日の「仕事」をフィードバックの得られる「遊び」に変えていきましょう。
きっと達成感や満足感を感じられる充実した人生を歩むことができるはずです!

アカウンタビリティチャート

1つ目の方法が、「アカウンタビリティチャート」です。
「アカウンタビリティチャート」とは、自分がその日にこなしたタスクを記録化し、フィードバックを受けるための方法の1つです。

「アカウンタビリティチャート」での記録化を続けていると、

  • 「やり遂げた作業を記録する」という行為によって、満足感が得られる
  • 「実際の作業にかかった時間」を把握できるので、時間の見積もりがうまくなる

といった効果が得られます。
そして最終的には目標の達成度が向上するのです。

アカウンタビリティチャートのつくり方

まず、アカウンタビリティチャート専用のノートを用意します。
勉強用に使っているノートの空いているページを使っても問題はありませんが、専用のノートを使ったほうが後で見返した際に達成感がよりいっそう得られると思います。

ノートを用意したら、ノートの1ページの真ん中に区切り線を引きます
1日1ページにすると、文字も大きく書けるので、後から振り返りやすいです。)
次に、真ん中に引いた線の左側に、1日の作業時間を90分単位で区切っていきます

ここまで準備ができたら、あとは右側に「実際にこなした作業」を書き込んでいきます

【作業時間】【こなした作業】
9:00〜10:30英語の勉強をした
10:30〜12:00筋トレをした
13:00〜14:30溜まってる家事を片付けた
(1日の作業を終える時間まで書き込んでおく)(その都度、こなした作業を書き込んでいく)

こんな感じで、ノートに書き込むということです。
(実際はていねいに「表」の形にする必要はありません。真ん中に線を引くだけで大丈夫です。)

90分が長いようであれば、60分単位で区切っても問題ありません
1日の最後に、中身が埋まったアカウンタビリティチャートを眺めてみてください
きっと「今日も1日、頑張ったな」といった達成感や満足感が得られるはずです

メタ認知の質問

2つ目の方法が、「メタ認知の質問」です。
「メタ認知」とは、「思考について考える」という、通常の認知機能よりも一段階上の認知機能のことを言います。
これだけ聞いてもよくわからないかと思いますが、例えば「いま自分は晩ごはんのことを考えていたな…」といった「自分が考えていたこと」に、ふと気がついたりするやつです。

この認知機能を使って、自分に「質問」を投げかけることによって、日々の作業のフィードバックをすることができます。

メタ認知の質問のやり方

メタ認知の質問では基本的に、毎日のプロジェクトに対して、以下の3ステップ自分に対して質問を繰り返していきます

事前評価

「プロジェクトを始める前に使う質問」を自分に投げかけます。
そのプロジェクトのゴールリソース現時点での疑問価値などを改めて確認してください。

  • このプロジェクトの具体的なゴールはなんだろう?
  • このプロジェクトをこなすためにできる準備はなんだろう?
  • 目の前のプロジェクトについて、現時点でどんな疑問があるだろう?
  • 上司やクライアントが自分に期待するゴールはなんだろう?
  • このプロジェクトをうまく達成するのに必要な要素はなんだろう?
  • プロジェクトの達成にかかる時間はどれぐらいだろう?
  • 時間をかけるべき部分と、時間をかけないようにすべき部分はどこだろう?
  • このプロジェクトを達成することで、自分は何を得られるだろうか?

混乱ポイントの把握

「プロジェクトの途中で使う質問」を自分に投げかけます。
プロジェクトが前に進まない原因を明確化してください。

  • いま使っている戦術はうまく機能しているだろうか?
  • このプロジェクトでもっとも困難なポイントはどこだろうか?
  • 困難なポイントに対して、違うアプローチはできないだろうか?
  • 自分が悩んでいるポイントは明確にできているのか?
  • 漠然とした悩みをどうすれば明確にできるだろうか?
  • 大量の情報のなかから、重要なものだけを見抜けているだろうか?
  • プロジェクト中に浮かんだ疑問を、どこかに記録しただろうか?
  • プロジェクトを楽しめているだろうか?
  • モチベーションは維持できているだろうか?
  • このプロジェクトを行っている自分は、どんな経験が得られているだろうか?
  • いまのプロジェクトにもっと興味を持つ方法はないだろうか?
  • どれぐらい自身を持って遂行できているだろうか?
  • プロジェクトへの興味を増やす方法はないだろうか?

事前評価の評価

「プロジェクトが終わった後に使う質問」を自分に投げかけます。
取り組む前と後との認識のギャップを確認してください。

  • 今回のプロジェクトは、自分の理解と食い違いがなかっただろうか?
  • 事前の計画と照らして、どこが計画通りに進んでどこが進められなかったか?
  • うまくいった理由とうまくいかなかった理由はなんだろうか?
  • 自分が今回のプロジェクトについて抱いた疑問や難点を記録に残しただろうか?
  • 疑問や難点を明確化して、解決していくためにはどうすればいいだろうか?
  • 上司やクライアントの立場から見て、どのポイントが欠点と感じられただろうか?
  • 今後もし同じプロジェクトをする時が来たら、次はどこを変えるべきだろうか、あるいはどこは変えずに残すべきだろうか?
  • 友人が似たようなプロジェクトをすると想像して、どんなアドバイスをしてあげられるだろうか?
  • 今回のプロジェクトでもっとも興味が持てたポイントはどこだろうか?
  • このプロジェクトから学んだことで、自分の未来や大きな目標に活かせるポイントはどこだろうか?

この作業を続けていくことによって、「自分の作業の進行度」「パフォーマンスのレベル」といった内容をうまく把握することができるようになります

メタ認知の質問の欠点

この「メタ認知の質問」あらゆる悩みに対して使えるという長所を持っています。
しかし、みなさんもお察しのとおり質問事項が多すぎて毎日やるには時間がかかるという短所ももっています。
あなたが取り組んでいるすべてのプロジェクトに対してやっていると、下手するとそれだけで1日が終わってしまいます

なので、実際には毎日やるのではなく、週末に1週間分をまとめてやってみると効率が良いかもしれません。
具体的には、週末のまとまった時間で、

  • 次の週から新たに始めるプロジェクトの「事前評価」
  • 以前から継続しているプロジェクトがあれば、そのプロジェクトの「混乱ポイントの把握」
  • その段階で終わっているプロジェクトがあれば、そのプロジェクトの「事前評価の事前評価」

を行うといった感じです。

これでもまだ多いと感じるようであれば、自分にとって重要なプロジェクト(コアプロジェクト)に絞って行ってみるのも良いでしょう。

*「コアプロジェクト」については、こちらの記事も参考にしてください。

おわりに

今回は、あなたの「仕事」を「遊び」に変えて達成感を得るための2つの方法を紹介しました。
あなたの「仕事」は、

  • 「アカウンタビリティチャート」を使って記録化する
  • 「メタ認知の質問」を使って俯瞰的に捉える

ことによってフィードバックすることができて、「遊び」のように達成感や満足感を得ることができるようになります。

仕事でもプライベートでも、すぐに結果が出ないプロジェクトに取り組んでいる人が多いかと思います。
ですが、今回の記事で紹介した方法を取り入れることで、日常のタスクからも「遊び」や「ゲーム」のようにフィードバックを受けることができます。
日常的なフィードバックがあると、目標としている大切なプロジェクトへのモチベーションも維持することができるはずです。

ただ、「メタ認知の質問」は実行するのに少し負担が大きいので、とりあえずペンノートがあれば取り組むことができる「アカウンタビリティチャート」から手をつけてみるのが良いかもしれませんね。

また、今回の参考書籍
『最高の体調 ACTIVE HEALTH』
では、「現代人を悩ませる謎の体調不良を解消するための方法」について、数多くの実例や研究結果をもとに解説しています。

生活習慣を整えて体調を良くしたい!と思っている方にはおすすめの1冊です。

「ぼんやりとした不安」を解消して、体調を整えるする方法についてはこちらの記事でも解説しています。ぜひ参考にしてください。(アカウンタビリティチャート、メタ認知の質問についても触れています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました