【教養書】バックアップを作る読書法【忘れても大丈夫】

読書術
この記事は約7分で読めます。
  • いろんな知識を身につけたい!
  • ジャンルを問わず物知りになりたい!
  • 馴染みのないジャンルの考え方を仕事に活かしたい!

みなさんそれぞれ、さまざまな思いがあって、いわゆる「教養書」を読んでいるかと思います。
ですが実際にたくさんの「教養書」を読んでいると、

  • あの本、読んだことは覚えてるけど内容が思い出せないな…
  • 面白かったけど、何の役に立つんだろう?
  • 仕事に使えそう!だけど、今の立場じゃまだ早いかな…

なんて感じてしまって、本当に「教養書」を読む意味があるのかと疑問に感じたりしませんか?

実際ぼくもそうです。
本を読むたびに「面白かった!ためになった!」とは思うのですが、かんじんの内容はうっすらとしか覚えてません…。

こんなんで読書の意味あるのかな…といつも感じていたのですが、実は、本の内容って忘れても大丈夫なんです!
もちろん、ただ闇雲に、「読んだらすぐ忘れても大丈夫」なんてうまい話があるわけじゃないです。
しっかりとしたテクニックが必要です。

今回は、読書の内容を忘れるために必要な「読書のバックアップ」を作るテクニックを、

  1. 本に書き込む
  2. ベスト5を選ぶ
  3. 整理して書き出す

という3つのステップに分解して解説していきます!

この方法は、山口周さんの著書
『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』
の中で紹介されていたものです。

この方法を実践して、自分だけの「読書のバックアップ」を積み上げていきましょう。
きっと今まで以上に知識が定着するようになって、仕事や私生活でも活かすことができるはずです!

ステップ1 本に書き込む

1つめのステップは「本に書き込む」です。
まずは本を読みながら、どんどん書き込んでいきましょう!

書き込む内容は、

  • アンダーライン
  • メモ

など、何でもかまいません。
どういった時にアンダーラインやメモを残しておくかということに、特に基準はないです。
なので、少しでも気になった箇所があればアンダーラインを引いておきます
また、何か思いついたことがあれば余白などにどんどんメモしておきましょう

ただし、アンダーラインを引く際には気をつけることがあります。
それは、文章の冒頭から末尾までしっかりと引くということです。

よく、キーワードにだけアンダーラインを引く人がいますが、これだと後で読み返したときに「キーワードが重要なのか文章が重要なのか」がわからなくなってしまいます。
ステップ2以降の作業をスムーズにするためにも、アンダーライン「重要だと思った箇所ぜんぶ」に引くようにしましょう!

キーワードにも何か印をつけたい場合は、アンダーラインとは別個の印(ペンで囲むとか)をつけるとわかりやすいですね。

1パラグラフまるごと重要でアンダーラインが長くなりそうなときは、そのパラグラフ全体を線で囲んだりすると手間が省けるのでおすすめです。

ステップ2 ベスト5を選ぶ

2つめのステップは「ベスト5を選ぶ」です。
アンダーラインを引いた中から、「重要度ランキングのベスト5」を選びましょう!

この「重要度ランキングのベスト5」が、次のステップで行う「整理して書き出す」作業の対象になります。
ぜんぶ書き出せばいいのでは?と思うでしょうが、あまり多すぎると書き出す作業が嫌になっちゃいます…。
なので、基本的にはベスト5まで、どれだけ多くてもベスト9までに厳選しましょう。
選抜の際はもちろん「自分にとって重要かどうか」が基準です。

選抜の上限が少なめに設定されているのには、他にも意味があります。
上限が少なめに設定されていると、「どこが自分にとって本当に重要か」という優先順位の判断が必要になってきます。
この判断を下すためには、アンダーラインを引いた箇所を読み返して「深い思考」をしなければなりません。
この「深い思考」が、自分の脳への定着率を高めるのです。

もしかすると、ベスト5に選ばれずにバックアップされなかった箇所も、自分の記憶の奥深くにとどまってくれるかもしれません。

ステップ3 整理して書き出す

最期のステップは、「整理して書き出す」です。
選抜した「ベスト5」を、外部の記録装置に書き出していきましょう!

このとき、たんにアンダーラインを引いた文章を丸写しするのではなく仕事や実生活に対する何らかの「示唆」なども一緒に書き出します。
具体的には、次の3つです。

  • 面白かった箇所
  • 仕事や実生活に対する示唆
  • 具体的な行動の仮説

これらを書き出すことで、その本を読んでいるときに得られた「ひらめきや思いつき」などを後から活用することができます。
あくまで「自分がどう思ったか」が大切なので、絶対の正解があるわけではありません。
自分の頭で考えて思いついたことは、どんどん書いていきましょう。

書き出すための外部の記録装置については、何でもかまいません。
ただし、「検索機能」があるものにしましょう。
紙のノートでも悪くはありませんが、「検索機能」がついてないので、必要なときに情報が見つからない可能性があります…。
後から見つけられないなら、バックアップを作っている意味がありません。
今の時代は幸いなことに、便利なデジタルツールがたくさんあります。
自分にとって使いやすいデジタルな記録装置を使うことをおすすめします。

なぜ「読書のバックアップ」が必要?

ここまで説明した3ステップを通じて、「読書のバックアップ」を作ることができました。
この「読書のバックアップ」を作る方法は、「教養書」を読む際に特に必要になってくる技術です。

ですが、そもそも「教養書」を読むのに「読書のバックアップ」なんて必要なのでしょうか?
実際、バックアップを作る作業って、ちょっとめんどくさいですよね。
なので、「読書のバックアップ」が必要な理由についても少し触れていきます。

理由1 ぜんぶ覚えておくのはムリ

まず1番の理由がこれです。
普通の人が、今までに読んだ本の内容をすべて覚えておくなんて不可能です。
ましてや教養書なんて、特に色んなジャンルの色んな知識や情報が散りばめられています。
ちょっと悔しいですが、ぜんぶ覚えておこうとするのは潔くあきらめましょう。

理由2 いつ使うか分からない

教養書で得た知識や情報は、いつ必要になるかが明確にはわかりません。
一見すると、自分の仕事や私生活に、直接的に関係しているとは思えない内容ばかりです。
明日いきなり必要になるか、3年後に必要になるか、それは誰にもわからないのです…。

理由3 「忘れても大丈夫」な環境をつくる

上の2つの理由を合体させるとこの結論にたどり着きます。
要するに、「全部覚えておくのはムリ」だけど「いつか使う可能性があるから忘れたくない」を解決するには「忘れても大丈夫」な環境をつくるということです。

教養書の読書を通じて得た知識や情報を仕事や私生活に活かすためには、
「読んだ本の内容をいつでも使えるように、いつまでも忘れない方法を身につける」
よりも
「読書のバックアップを作って、忘れても大丈夫な環境をつくる」
ほうが簡単だし効果も高いといえるのです。

おわりに

今回は、読書のバックアップを作る方法

  • 本に書き込む
  • ベスト5を選ぶ
  • 整理して書き出す

という3つのステップに分けて紹介しました。

「教養書」から得た知識や情報を、安心して「忘れても大丈夫」な環境をつくりたい方は、ぜひ実践してみてください。
「読書のバックアップ」が増えていくことで、いつか自分にとって必要になった最適のタイミング「教養書」から得た知識や情報を最大限に活かせるようになるはずです!

また、今回の参考書籍
『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』
では、

  • ビジネス書の読書を仕事につなげる方法
  • 本当に読むべきビジネス書71冊
  • 仕事につなげる「本棚」の活用方法

なども紹介されています。

読書で周りと差をつけたい!という方は、ぜひ読んでみてください!

ビジネスマンが読むべき教養書とその見つけ方についてはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました